メニュー

検索

猫と冬の尿石の基礎知識

知ってる?冬の健康リスク尿石 正しい知識と食事について

知っておきたい猫の健康のための基礎知識冬は尿石ができやすい!?

冬は尿石ができやすい季節です

季節別 猫が尿石などで病院にかかる件数

夏:5,300、夏:4,800、秋:5,500、冬:5,900。Data:アニコム損害保険株式会社調べ

冬に尿石ができやすい理由

冬の運動不足→飲水量が減る→おしっこが濃くなる→尿石ができやすい

寒い冬の季節、猫は運動不足になりがちです。そして運動不足により、飲水量は減り、おしっこが濃くなることで尿石ができやすくなるのです。
冬季の猫の尿石にはぜひお気をつけください。

おしっこが濃くなりすぎると尿路結石はできやすくなります

尿石ができると、頻尿、血尿、排尿困難などがみられます。結石が尿道につまってしまうと、命にかかわる危険な状態におちいることもあります。それでは、どうして尿路結石ができるのでしょうか? 尿中には体内から排出されたさまざまなミネラルが溶けています。何らかの原因で尿が濃くなりすぎ、ミネラルが尿に溶けきれなくなって尿路内で結晶化し、さらに結石を形成したものが尿路結石です。結石の種類はさまざまですが、猫では「ストルバイト結石」が多くみられます。

ストルバイト結石(リン酸アンモニウムマグネシウム)、シュウ酸カルシウム結石

ストルバイト結石は次のような状態でできやすくなります

  • 尿のpHが6.5より大きくなる(=アルカリ性にかたむく)
  • 尿中のマグネシウム濃度が高くなる
  • 尿量が減る
ポイント point
  • ストルバイト結石をできにくくするためには、尿が濃くなりすぎない工夫が大切です。

ロイヤルカナンのユリナリー ケアは、「おしっこを濃くし過ぎない」ために尿量を増やすことにまで配慮した唯一のフードです

おしっこを濃くし過ぎないための3つのこだわり

製品ラインナップユリナリー ケア 健康な尿を維持したい成猫用〈生後12カ月齢以上〉

ウェットフードを併用するとさらに尿量を確保できます。
ウェットフードは80%前後の水分を含んでいます。猫はもともと水を飲む量が少ないので、ウェットフードを併用すると、さらに尿量を確保できます。

価格表示はすべてメーカー小売希望価格(税込)です

愛猫の泌尿器の健康に関して気になることがある場合には、
かかりつけの動物病院で受診することをお勧めします。

スポーツの「冬」。みんなで運動・みんなで動画投稿!

猫じゃらしBOXをモニターいただいたペットオーナーの皆さまの動画をご紹介します。 運動不足になりがちな冬だからこそ、ぜひ運動を心掛けましょう。 ぜひ皆さんの動画をインターネット上で見られることを楽しみにしています!

知ってる?冬の健康リスク肥満 正しい知識と食事について学ぶ

この記事をシェアする