メニュー

検索

大型犬の特徴

大型犬の飼い方 知っておきたい基礎知識

知っておきたい犬の健康のための基礎知識大型犬の健康をいつまでも維持するために

人間への忠誠心に富み、ダイナミックで、活力あふれる大型犬。

力が強いため、昔から人間の仕事を手伝う使役犬として大切にされてきました。現代でも、ゴールデンレトリバーやラブラドールレトリバー、そしてジャーマンシェパードを始めとした大型犬が、救助犬や盲導犬、警察犬として活躍していることも少なくありません。

そんな魅力あふれる大型犬の特徴と飼い方は?そしていつまでも健康を維持していくために気をつけるべきポイントとは?また、そもそもどのような犬を大型犬と呼ぶの?

このページでは大型犬オーナーの皆さまにぜひ知っていただきたい、大型犬の特徴、大型犬の種類、子犬から高齢犬までの飼い方といった基礎知識をご紹介いたします。ぜひお役立てくださいね。

手伝う使役犬として活躍する大型犬

そもそも、どのような犬を「大型犬」と呼ぶの?

そもそもどのような犬のことを「大型犬」と呼ぶのでしょうか?その定義にはさまざまな考え方がありますが、長年にわたって専門的な犬の研究を重ねてきたロイヤルカナンは、犬の成犬時体重をもとに、以下のとおり犬を分類することができると考えています。

ロイヤルカナンでは、成大時の適正体重が26kg~44kgの犬を「大型犬」と定義しています。皆さんの愛犬はどの種類に当てはまりますか?

またあなたの飼っている犬種が大型犬に該当するか、調べてみましょう!

成犬時の体重で「大型犬」を考える

超小型犬:成犬時体重4kgまで、小型犬:成犬時体重1~10kg、中型犬:成犬時体重11~25kg、大型犬:成犬時体重26~44kg、超大型犬:成犬時体重45kg~ 超小型犬:成犬時体重4kgまで、小型犬:成犬時体重1~10kg、中型犬:成犬時体重11~25kg、大型犬:成犬時体重26~44kg、超大型犬:成犬時体重45kg~

大型犬の種類の例

大型犬 成犬時体重26~44kg オールド・イングリッシュ・シープドック25~30kg、バセット・ハウンド25~30kg、ホワイト・スイス・シェパード40kg、コリー18~29kg、ワイマラナー25~40kg、ゴールデン・レトリバー25~31.5kg、ディアハウンド45.5kg前後、ドーベルマン32~45kg、ラブラドール・レトリバー25~30kg、エストレラ・マウンテン・ドッグ30~50kg、フラットコーテッド・レトリーバー25~36kg、イングリッシュ・セター25~30kg、ゴードン・セター25~30kg、秋田犬30~50kg、土佐犬40kg前後、ボルゾイ35~45kg、ローデシアン・リッジバック35kg、スルーギー30~32kg、アラスカン・マラミュート34~38kg、アフガン・ハウンド25~30kg、ボクサー25~30kg、ジャーマン・シェパード30~40kg、マレンマ・シープドッグ30~45kg、グレーハウンド30kg前後 大型犬 成犬時体重26~44kg オールド・イングリッシュ・シープドック25~30kg、バセット・ハウンド25~30kg、ホワイト・スイス・シェパード40kg、コリー18~29kg、ワイマラナー25~40kg、ゴールデン・レトリバー25~31.5kg、ディアハウンド45.5kg前後、ドーベルマン32~45kg、ラブラドール・レトリバー25~30kg、エストレラ・マウンテン・ドッグ30~50kg、フラットコーテッド・レトリーバー25~36kg、イングリッシュ・セター25~30kg、ゴードン・セター25~30kg、秋田犬30~50kg、土佐犬40kg前後、ボルゾイ35~45kg、ローデシアン・リッジバック35kg、スルーギー30~32kg、アラスカン・マラミュート34~38kg、アフガン・ハウンド25~30kg、ボクサー25~30kg、ジャーマン・シェパード30~40kg、マレンマ・シープドッグ30~45kg、グレーハウンド30kg前後

なぜ犬の「サイズごと」でケアが必要なの?

体重差 50倍にのぼることも!体格の違いを正しく理解すれば、自ずと大型犬飼育のポイントがわかってきます

オオカミを家畜化して生まれた犬は、人との長い歴史の中で、さまざまな大きさや体型の品種が作られました。その結果、最も小さな犬種と最も大きな犬種の体重差は、約50倍にもおよびます。現在、地球上の動物で、同じ種にもかかわらず約50倍以上の体重差はある動物は犬だけです。

想像してみてください―50倍もの体重差を!小柄な人の体重を40kgとすれば、その50倍は2トンに相当します。必然的に、エネルギー要求量や健康管理のうえで気を付けるべき点には、さまざまな違いがあることがお分かりいただけるかと思います。

成長段階ごとのケアポイント

まずは、サイズによるライフステージ(成長段階)の違いを知る

犬に限らず、すべての動物は誕生した後に、成長・成熟し、やがて歳を重ねて一生を終えます。このような動物の一生における段階をライフステージ(成長段階)と呼び、犬では以下のとおり大きく5つに分類できます。
下の表を見ると小型犬と大型犬では同じ年齢でもライフステージに差があることがわかるかと思います。

大型犬のライフステージ 離乳期:2カ月齢まで→成長期:2カ月齢~→成犬期15カ月齢~→中高齢期5歳~→高齢期8歳~ 小型犬のライフステージ 離乳期:2カ月齢まで→成長期:2カ月齢~→成犬期10カ月齢~→中高齢期8歳~→高齢期12歳~

大型犬と小型犬。ライフステージの違いから生じるケアのポイントを知る

01. 体重増加率の違いと食事選びを

犬が生まれてから成犬になるまでの体重増加率は、身体のサイズが大きくなればなるほど、高くなります。
例えば、成犬時の体重は、超小型犬・小型犬では生まれたときの体重が20倍程度ですが、大型犬では約70倍にもなります。
必然的に、大型犬に与えるフードにも配慮が必要になります。

02. 成長期の長さに合った適切な栄養バランスを

超小型犬・小型犬の成長期は約8~10ヵ月齢までですが、大型犬の成長期は約15~18ヵ月齢です。
生後2ヵ月齢までは、急激に成長し、その後ゆるやかに成長します。大型犬はゆるやかに成長する期間が長いのが特徴です。とくに骨の成長に時間がかかるため、カロリーと栄養素、中でも骨の成長に適したミネラルバランスの食事を与えましょう。

03. カロリー要求量の違いを知る

犬の体重1kgあたりに必要な代謝エネルギー量を見ると、大型犬は、超小型犬の70%程度です。
大型犬のために摂取するカロリー量の調整をしてあげましょう。

04. より早い時期から中・高齢期の対策を

身体のサイズが大きいほど、中・高齢期がはじまる年齢が早くなります。超小型犬・小型犬は8歳ごろから、大型犬は5歳ごろから中・高齢期に入ります。
したがって、大型犬ではより早い時期から中・高齢期対策が必要です。

サイズごと体重の増加率や成長期間が違うため、同じ月齢の子犬でも、サイズに応じた栄養バランスの食事を与える必要があります。

ライフステージごとに大型犬である愛犬の身体にはどのような変化が?どのようなケアやフード選びが必要?

生後2ヵ齢月まで

愛犬の身体に何が起きている?

生後1ヵ月齢ごろまでの子犬は母乳から必要な栄養を摂取しますが、その後親犬と同じ食事を食べ始め、身体は急速に発育します。
この頃は、消化機能が未成熟なため、少ない量の食事しか消化吸収できませんが、急速な発育のために多くのカロリーが必要な時期です。

どんなケアやフード選びが必要?

生後2ヵ齢月~

愛犬の身体に何が起きている?

歯は乳歯から永久歯へ生えかわり、身体の発育もゆるやかになる時期です。
この時期になると、超小型・中型犬では、骨の成長がひと段落し、主に筋肉が成長するようになりますが、大型~超大型犬では、筋肉とともにもうしばらく骨の成長が続きます。

どんなケアやフード選びが必要?

生後15ヵ齢月~

愛犬の身体に何が起きている?

成長が終わり、体重や体型が安定する時期です。それぞれの犬のサイズ、品種、ライフスタイルなどの個体差がもっとも顕著になる時期です。

どんなケアやフード選びが必要?

5歳~

愛犬の身体に何が起きている?

中高齢期以降になると、さまざまな変化が現れますが、目に見える変化はいわば「氷山の一角」にすぎません。 そして目に見えないところで、老化は徐々に進行しています。一日でも長く元気な状態を保つためには、はっきりとわかる変化が起こる前から対策を考えておく必要があります。

どんなケアやフード選びが必要?

特に気をつけたい大型犬の特徴(ウンチ・関節のはなし)

ライフステージごとに気をつけるべきことがたくさんあることを、知っていただきましたが、中でも大型犬ならではの「ウンチ」と「関節」のケアをお忘れないようにしてくださいね。

01. うんちの臭い、やわらかさについて

水分を多く含んだやわらかく、臭いのきついうんちをすることはありませんか?
それは、デリケートな大型犬の消化器官によるものかもしれません

大型犬の消化気管の比率は小型犬よりも小さく、小型犬の場合は体重の約7%を占めるのに対して、大型犬は約3.3%です。

また、大型犬の小腸は透過性が低く、ミネラルの吸収率が高い上に、腸内の内容物の通過時間が長く、発酵しやすい傾向があります。

結果として、水分を多く含んだやわらかく、臭いのきついうんちをすることがあります。

デリケートな大型犬の消化器官のために、消化器に負担をかけないよう、消化性を第一に考えてあげてください。また腸内細菌のバランスを整えるなどして、腸内環境を保つ工夫が大切です。

このマークに注目を

ロイヤルカナンのフードパッケージの中で、左にあるマークを見たことはありますでしょうか? このマークは、高消化性のタンパク質を使用したフードを示します。
健康的な消化の維持と健康的な糞便のために、高消化性のフード選びをぜひしてあげてくださいね。

L.I.P.:消化率90%以上の超高消化性タンパク(ロイヤルカナン調べ)

02. 大きな身体を支える関節のトラブル

力強く身体を支える関節のケアの大切さ
適切な栄養素と体重管理を

大型犬は大きな身体と活発な気質があいまって、関節にかかる負担も大きく、より早い時期から健康的な関節を保つための栄養素やバランスの整った食事選びが必要です。

具体的には、関節の健康を保つために欠かせないコンドロイチン硫酸やグルコサミンを積極的に取り入れてあげましょう。

また肥満になると関節の負担が大きくなり、関節炎を起こしやすくなるため、太らせないように、ぜひ体重管理をしてください。

サイズごと体重の増加率や成長期間が違うため、同じ月齢の子犬でも、サイズに応じた栄養バランスの食事を与える必要があります。

この記事をシェアする