知識が深まれば犬と猫への敬意が生まれます

メニュー

検索

動物病院でのマナー

マナーを忘れずに

動物病院はさまざまな人が訪れる公共のスペースです。病気やケガであわててペットを連れて来た場合、気が動転していることもあると思いますが、マナーをきちんと守ることも忘れないようにしましょう。

待合室ではペットが落ち着いていられる配慮を

動物病院に着いたら、受付を済ませた後、診察まで待合室で待つのが一般的です。待合室には、診察を待っている他のペット、または診察が終わったペットがいるかもしれません。お互いのペットが興奮しないような配慮が大切です。

猫を連れて行った時に待合室に犬を連れた人がいる場合、または犬を連れて行った時に待合室に猫がいる場合で不安なときは、距離をあけたり外で待つなどの工夫をしてみましょう。具合の悪い犬を興奮させるのはよくありませんし、どちらかが感染症の場合もあるため、犬同士であっても、お互いの接触は避けたいものです。小型犬の場合はなるべくキャリーバッグを利用しましょう。キャリーバッグに入れて行った場合は、待合室で外に出さず、診察室で初めてキャリーバッグから出すようにしましょう。

待合室には検査の結果などを待つ不安な気持ちの飼い主さんもいることでしょう。もちろんペットたちも慣れない場所で不安なことでしょう。待合室にいる飼い主さんたち、ペットたちみんなが穏やかに過ごせるように、大声で話をしない、携帯電話の使用に気遣う、などの心遣いをしたいものです。お子さんがいる場合は待っているペットたちにストレスを与えないように、待合室で騒いだり走り回ったりせず、静かに順番を待つように促しましょう。
もし、待合室でペットがトイレをそそうをしてしまった場合は、消毒などが必要な場合もあるため、スタッフに伝えましょう。

診察室では獣医師や動物看護師の説明をきちんと聞くこともマナー

獣医師が診察している間は、聞かれたことに簡潔に答えましょう。ペットを興奮させたり、診察中の獣医師に話しかけたりしないようにし、保定などのお手伝いを依頼されたら、協力するようにしましょう。もちろん、携帯電話の電源は切っておくこともマナーです。
獣医師は診察のあと、検査が必要な場合はその検査の説明を、また治療が必要な場合は病状や治療法の説明をしてくれるはずですので、落ち着いて聞くようにしましょう。「難しいことはわからないから」とか「治療は先生におまかせだから」と聞き流してしまってはいけません。自分のペットに何が起きているのか、現在どんな状態にあるのか、そして、どういう処置が必要なのかを理解することは、飼い主としての大切な責任のひとつです。また、診察室から一度出ているように促される場合もありますが、これも獣医師が診察のために必要と判断した上のことですので、従うようにしましょう。

理解できない部分があるときは、質問してみましょう。一番よくないのは、気後れして、よくわからないままに「わかりました」と言ってしまうことです。獣医師も理解してくれることを望んでいるのです。言い方を変えたりイラストを使ったりして説明しなおしてくれるでしょう。

また、インターネットなどで調べたことを信じ込み、ペットを直接診察している獣医師のいうことを信用しないのも困りものです。これでは、獣医師と飼い主さんとのペットの健康を守るための連携プレーに必要な意思疎通ができません。わからないことや不安なことは、ペットを直接診察しているかかりつけの獣医師に質問してみましょう。

コラム column

キャリーバッグから出さないのがマナー
犬、猫にかかわらず、動物病院に連れて行く時にはキャリーバッグに入れて連れて行くケースが多いと思いますが、待合室に着くとペットの様子が気なるのか、キャリーバッグから出して抱こうとする飼い主さんをよく見かけます。
しかし、この行為は突然のケンカなど、思わぬ事故につながることもあります。
また、猫の場合、犬よりも場所が変わることによるストレスを受けやすいので、キャリーバッグから出すことは猫にとっても恐ろしいことの場合もあるのです。
病院に連れていったら、診察室に入るまで、キャリーバッグから犬や猫を出さないようにすることはマナーでもありますし、安全のためでもあるのです。

この記事をシェアする