知識が深まれば犬と猫への敬意が生まれます

メニュー

検索

ペットフードの種類を知ろう

市販されているペットフードにはいくつかの種類があります

分類のしかたはいろいろありますが、水分含有量(含んでいる水分の量)によって分類すれば「ドライ」、「ウェット」などに分けられますし、目的によって分類すれば「総合栄養食」、「間食」、「その他の目的食」に分類されます。これからお話する「療法食」は「その他の目的食」に含まれます。

ペットフードのタイプ ドライタイプ:製品に含まれる水分が10%程度以下のフード セミモイストタイプ:製品に含まれる水分が25%~35%程度のフードで、半生タイプの柔らかいフード ウェットタイプ:製品に含まれる水分が75%程度のフード

ペットフードの分類 総合栄養食:犬や猫が必要とする栄養基準を満たした、「毎日の主要な食事」として与えるためのフードです。新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持することができるように、栄養素がバランスよく調製されています。 間食:犬や猫のおやつ、しつけのごほうびなどとして与えられるペットフードです。 その他の目的食:特定の栄養成分等の調整・補給または嗜好増進として与えることなどを目的としたもの。総合栄養食、間食および療法食以外のものが含まれます。 療養食:栄養成分の量や比率が調整され、特定の疾病または健康状態にあるペットの栄養学的サポートを目的としたフード。獣医療において獣医師の指示のもとで食事・管理に使用されることを意図したフードです。

この記事をシェアする