知識が深まれば犬と猫への敬意が生まれます

メニュー

検索

ラブラドールレトリバー

おおらかで素直。水が大好き。サービスドッグとしていろいろな分野で活躍しています。

トリビア trivia

知ってましたか?

ラブラドールレトリバーは、すべての犬種の中でもっとも体脂肪率が高い犬種です。

ルーツと歴史

ラブラドールレトリバーは、もともとはカナダのニューファンドランド島ラブラドール半島で、網から逃げた魚を捉えて漁師の手伝いをしていました。19世紀にイギリスに持ち込まれ、繁殖されるようになりました。

原産国 カナダ サイズ 大型犬
体高 約55~57cm 体重 約25~30kg
FCIグループ グループ8(レトリバー、鳥猟犬)

身体的特徴

ラブラドールレトリバーは冷たい水に入っても平気なように、とてもよく水をはじく毛を持っており、体脂肪が豊富です。また、カワウソのような太い尾(オッターテイル)も特徴的です。

性格

ラブラドールレトリバーは、知的で物覚えが良く、素直な性格です。攻撃性がなく、盲導犬や介助犬、救助犬など、さまざまな分野で活躍しています。

飼育上のポイント

ラブラドールレトリバーは、とても太りやすい性質のため、肥満にならないように食事・栄養管理をしっかりしましょう。食欲が非常に旺盛なため、ごはんは低カロリーで食べ過ぎないよう配慮されたフードを選ぶとよいでしょう。

グルーミング

1ヵ月に1回が目安です。

気をつけたい病気と健康上のポイント

  • 肥満
  • 関節疾患
  • 慢性肝炎
  • 銅関連性肝炎

この記事をシェアする