知識が深まれば犬と猫への敬意が生まれます

メニュー

検索

猫のベビー期の食事管理 ~4ヵ月齢

消化のよい、子猫用の食事を与えましょう

子猫は3~4週齢で離乳食を与えられ始め、生後7~8週齢で離乳します。子猫は徐々に栄養素を消化できるようになるため、ベビー期だと炭水化物やタンパク質の消化能力はまだ高くなく、炭水化物やタンパク質より脂肪からのほうがエネルギーを得やすくなっています。このため、ベビー期の子猫に与える食事は消化がよく脂肪が高めに設計されています。

また、生後50~75日齢くらいの間は、ワクチンを接種しないと、子猫の免疫力が弱くなる時期ですので、注意が必要です。子猫の免疫力やストレスに配慮して、ビタミンEやビタミンCなどの抗活性酸素物質をとることをおすすめします。

この記事をシェアする