メニュー

検索

先祖から知る「孤独なハンター」の秘密

猫特有の行動や習性には、その先祖が砂漠で狩りをしていたリビアヤマネコだったことが関係しています。
猫が先祖から受け継いでいる性質を理解することで、猫の健康維持に必要なことをより深く理解することができます。

リビアヤマネコの生態から学ぶ猫の性質

  • 水はあまり飲みません

乾燥地帯で生活しているため、水を飲む量が少なく、濃いおしっこをします。

  • 真正の肉食動物です

動物性蛋白質にしか含まれない必須アミノ酸を接種する必要があります。

  • 栄養バランスが大切
  • 群れを作らず単独で生活します

自分の身は自分で守らなければなりません。

  • 始めて食べるものは、何が起こるかわからないため、新しい食べ物に対する警戒心がある
  • 1日に100回以上狩りをします

いつ獲物が現れるかわからないので、いつも臨戦態勢です。
狩りの成功率は、15回に1回くらい。ねずみだけ食べるとしたら、1日に10匹くらい必要です。昆虫などを食べることもあります。

リビアヤマネコの見た目

基本の毛色は“サバトラ”です。単独で狩りをするリビアヤマネコにとって、どれだけ獲物に近づけるかは重要です。
サバトラの毛色は、迷彩服のように自然界で目立ちにくく、単独での狩りに有利です。

この記事をシェアする